Web予約

06-6387-3933

診療時間
9:30~ 13:00
15:00~ 19:45

9:00~15:00 ※土・日診療

休診日 木曜・祝日

小児歯科

小児歯科について

小児歯科

乳幼児期に生えてくるお子様の最初の歯(乳歯)は、大人の歯とは少し異なっています。永久歯に比べて軟らかく、小さい歯なので、むし歯に罹患しやすく、しかもその進行が速いのが特徴です。また、小児の治療は、年齢やむし歯の程度、性格などの違いによってそれぞれ変わってきます。

当院では、こうした小児に特有の治療背景を踏まえ、個々の年齢・成長などに合わせたむし歯治療を行っています。そのため、時には治療出来る年齢になるまでむし歯の進行を抑えながら待つこともあります。お子様の歯の生え変わりの時期には個人差が大きく、乳歯で3~6ヶ月くらい、永久歯では1~2年も異なってくることがありますので、こうした状況も踏まえて対応いたします。

乳歯の頃からしっかり行いたい歯科治療

乳歯は生え変わるのだからと言って、おろそかには出来ません。乳歯には「食物を噛む」、「発音を助ける」、「顔の形を整える」、「永久歯が正しく生えるための道筋を整える」など、とても大切な役割を担っていますし、むし歯になってしまうと、その後で生えてくる永久歯にも影響が出かねません。乳歯の頃からしっかり歯科治療を行うことで、永久歯に生え変わった際の歯並びや歯の噛み合わせを整え、将来、充実した食生活を送ることが出来るようになるのです。

小児のむし歯予防

小児のむし歯の特徴は、年齢によってむし歯の出来やすい場所に違いがあることです。1~2歳にかけては上の前歯が、2~3歳は奥歯のかみ合わせの溝、4歳頃は一番奥とその手前の奥歯の接している部分、6歳前後では、生えたばかりの奥歯の溝のところがむし歯になりやすいです。年齢に対応したむし歯になりやすい場所を知った上でケアをすることは、小児のむし歯予防の大切なポイントとなります。当院では、むし歯予防のためにフッ素塗布やシーラントなどでお子様の大事な歯を守り、その健やかな成長をサポートしていきます。

フッ素塗布

フッ素は、お子さまの歯質を強くし、むし歯菌が産生する酸に強い歯質をつくってくれます。こうした作用により、むし歯に対する抵抗力を高めることが出来ます。特に乳歯や生え変わったばかりの永久歯に効果的です。また、軽度のむし歯の原因部分の修復を促し、むし歯の進行を防いでくれます。

シーラント

シーラントは奥歯の溝を薄い樹脂で塞ぐむし歯予防法です。最近はフッ素入りのものが普及しているので、むし歯のリスクを減らす効果も見込めます。まだ幼いうちは、奥歯の溝が深くて形状も複雑なため、歯ブラシの毛先が入らず、そのために毎日歯磨きしていても、むし歯になってしまうことがあります。シーラントで奥歯の溝を塞げば、奥歯の溝に出来がちなむし歯を防ぐことが可能です。

カンボジア 歯科ボランティア
木

千里山駅前歯科

院長
中川 敬史
診療科目
一般歯科 矯正歯科 
小児歯科 口腔外科 
インプラント

〒565-0842
大阪府吹田市千里山東二丁目27番9-101号 
AVENSIS千里山1階

お電話での
お問い合わせは

06-6387-3933

最寄駅
阪急千里線 千里山駅 駅前(徒歩30秒)
阪急千里線 関大前駅 徒歩5分
阪急千里線 南千里駅 車5分
駐車場
クリニック横 無料駐車場2台有
地図

当クリニックの駐車場が満車の場合は、近隣の駐車場をご利用ください。
駐車場の領収書をご提示いただければ、料金をお支払いいたします。

診療時間
9:30~ 13:00
15:00~ 19:45

9:00~15:00 ※土・日診療

休診日 木曜・祝日