インプラントと再生療法 千里山 歯科

こんにちは。インプラント学会 専修医 補綴学会専門医 中川です。 

近年、再生療法がとても進化しています。痩せた歯茎を回復したり、歯槽膿漏で溶けた骨を再生し抜けそうな歯を助けることができたりします。 

インプラント体は骨の中に埋め込む治療です。そのため、この再生療法とインプラント治療は密接な,関係にあります。 今までは外科主導といって、骨のあるところにインプラント体をいれる傾向がありました。 しかし、骨の向きや形で最終の歯の形が制限されたり、機能的でない形になることがしばしばあります。 そのため、現在は補綴主導といって、最終の歯の形態に合うように骨の形を整える必要がでてきました。 この時に、インプラントと一緒に使われるのが再生療法です。  

術式はとてもデリケートなものになり、精度と技術が結果にダイレクトに反映されます。 当院ではスーパーペリオ塾、近未来オステオ インプラント学会、水上先生に師事しており、最新かつ最適な治療方法を日々アップデートしております。  重度歯周病やインプラント治療でお困りの方はご相談ください。    中川