Web予約

06-6387-3933

診療時間
9:30~ 13:00
15:00~ 19:45

9:00~15:00 ※土・日診療

休診日 木曜・祝日

インビザライン

インビザラインとは

インビザラインはアメリカでマウスピース型の矯正装置を製造しているアライン・テクノロジー社によって開発された矯正装置です。独自に開発した3D画像化技術を用いることにより、専用装置で口腔内を撮影したりデジタル印象採得装置で歯科矯正のプランを立てることが出来ます。不正咬合の模型をコンピュータ上で歯牙を並べ直し、ステップごとに透明なプレートを製作し、毎月交換しながら治療していくシステムです。なお、インビザラインには適応可能な患者様と、非適応となる患者様がいらっしゃいます。詳しくは当院までお問い合わせください。

インビザラインのメリット

  • ブラケットを使用しないので、他人に見えない矯正治療が行えます。
  • 術前の模型一つで、治療が終了するまでの透明トレーが作れます。

インビザラインのデメリット

  • 治療途中で歯牙の形態が変化してしまうと、その後のトレーが適合しなくなる可能性があります。このような場合には、再度お口の型を採り、新たなトレーを作っていきます(別料金がかかります)。
  • 毎日の使用時間(20時間/日)を守れないと、治療期間が長引いてしまいます。
  • 適応となる症例が限定されることもあります。
  • ワイヤー矯正よりも時間がかかるので総額の費用が高くなる可能性があります。

インビザライン治療の流れ

1.カウンセリングを行います

矯正治療にはそれぞれ特徴があり、患者さまの口腔内の状況、目指している歯並びの状態などによって最適の治療方法は異なっているのです。そのため、まず初めにカウンセリングを行い、歯科矯正治療に関する当院の方針などもご説明いたします。


2.口腔内の状況を診断します

通常の歯科治療と同じように、口腔内の状態をチェックします。さらに、必要な検査も行い、インビザライン治療が適切かどうかを判断いたします。


3.インビザラインを行うための各種検査を行います

インビザライン治療が望ましいと判定された場合は、患者様にその旨をご説明いたします。そして、同意が得られたならば、インビザラインを前提とした検査を行います。


4.治療計画を作成します

米国のアライン・テクノロジー社が開発した3D治療計画ソフトウェアを活用し、患者さまのオリジナル治療計画を作成します。この場において、予測される歯牙の最終位置(歯並びの状態)もお見せいたします。さらに、おおよその治療期間などもお話いたします。


5.インビザラインのマウスピースを装着します

インビザラインのマウスピースを患者さまの口腔内に装着します。これを1日20時間以上、お口の中にはめておきます(お食事中と歯磨き時は外します)。装着した当初は歯が押し付けられるような感触となりますが、きちんと装着しておかないと、歯牙の位置をうまく矯正することが出来ません。治療を成功させるには、患者さまの協力と自己管理が必要なのです。


6.保定装置を付けます

全てのマウスピースの装着が終わり、目的としていた歯並びになったならば、保定期間に入ります。症例によって幅がありますが、概ね1~3年はリテイナーを装着し、歯が以前の状態に戻らないよう安定させていくのです。保定期間中は半年に1回ほどの周期で通院していただきます。

木

千里山駅前歯科

院長
中川 敬史
診療科目
一般歯科 矯正歯科 
小児歯科 口腔外科 
インプラント

〒565-0842
大阪府吹田市千里山東二丁目27番9-101号 
AVENSIS千里山1階

お電話での
お問い合わせは

06-6387-3933

最寄駅
阪急千里線 千里山駅 駅前(徒歩30秒)
阪急千里線 関大前駅 徒歩5分
阪急千里線 南千里駅 車5分
駐車場
クリニック横 無料駐車場2台有
地図

当クリニックの駐車場が満車の場合は、近隣の駐車場をご利用ください。
駐車場の領収書をご提示いただければ、料金をお支払いいたします。

診療時間
9:30~ 13:00
15:00~ 19:45

9:00~15:00 ※土・日診療

休診日 木曜・祝日