Web予約

06-6387-3933

診療時間
9:30~ 13:00
15:00~ 19:45

9:00~15:00 ※土・日診療

休診日 木曜・祝日

入れ歯

入れ歯の治療

入れ歯

むし歯や歯周病で歯を喪失してしまったときは、その部位を何らかの形で補綴する必要があります。幾つかの方法がありますが、以前からよく行われているのが「入れ歯」です。患者様の中には、歯が抜け落ちてしまった部位に同じような義歯を入れればよいと勘違いされている方も少なくないのですが、入れ歯を製作するには様々な要素を考えなければなりません。顎などに過度の負荷がかからず、しっかりと噛める入れ歯を作るには、専門的な知識と経験が必要なのです。

当院では、大阪大学歯学部の口腔補綴科に入局し、日本補綴歯科学会の専門医資格も有している院長が中心となり、患者様のご希望に沿った入れ歯の治療を行います。しっかり噛めて、なおかつ痛みや違和感の少ない入れ歯を製作・調整していきますので、まずはお気軽にご相談ください。

保険適用の入れ歯

健康保険を使った入れ歯は、製作する際の材料や形態などが定められているため、どうしても制限が出てきます。もっとも、保険の入れ歯であっても食べ物を咀嚼する機能自体は確保できます。入れ歯の本質的な機能には問題ありませんし、修理がしやすいというメリットもあります。但し、様々な制約があるため、患者様の口腔内に合った最適な入れ歯を作りにくい面もあります。保険適用のレジン床の場合、どうしても分厚くなってしまい、快適さが損なわれたり、口の中で熱が伝わりにくくなったりします。

入れ歯の種類

レジン床義歯

歯茎に接する床の部分がレジンでできた入れ歯です。保険適用なので、比較的安くつくれます。しかし、顎の部分が厚いため、飲み込みにくかったり、話しづらくなったりすることがあります。また、熱が伝わりにくいため、食べ物の温度を感じにくくなりがちです。ただし、修理や調整は比較的容易です。

金属床義歯

床の部分が、チタンやコバルトクロムなどの金属でできた入れ歯です。薄く作れるため、発音がしやすく、違和感も少ないと言われています。また、冷たいものや温かいものの熱感が伝わりやすいので、食事をより楽しむことができます。耐久性もあり、汚れが付きにくく、清潔です。但し、金属を使用しているので、細かな修理が行いにくいという面もあります。自費診療となるため、製作費用は高めになります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、金属製のバネを使用しないタイプの入れ歯です。一般的な部分入れ歯の場合、残存歯にバネを引っ掛けて固定するのですが、ノンクラスプデンチャーには文字通りクラスプがありません。半透明の歯科材料によって固定するため、口腔内の色と同じようにすることが出来ます。そのため、見た目が自然で美しく、装着していても目立たず、違和感の少ないのが特徴です。

マグネットデンチャー

義歯床と土台の双方に、それぞれ小さい磁石を埋め込んだタイプの入れ歯です。一般的な入れ歯の場合、食事や会話などの際に義歯が微妙にずれてしまうことがあるのですが、マグネットデンチャーはぴったりと吸着し合うので、いきなり落ちたり、ガタガタ動いたりするといった悩みが少なくて済みます。安定性に優れており、見た目も自然です。構造もシンプルなため、装着・取り外しが容易です。

木

千里山駅前歯科

院長
中川 敬史
診療科目
一般歯科 矯正歯科 
小児歯科 口腔外科 
インプラント

〒565-0842
大阪府吹田市千里山東二丁目27番9-101号 
AVENSIS千里山1階

お電話での
お問い合わせは

06-6387-3933

最寄駅
阪急千里線 千里山駅 駅前(徒歩30秒)
阪急千里線 関大前駅 徒歩5分
阪急千里線 南千里駅 車5分
駐車場
クリニック横 無料駐車場2台有
地図

当クリニックの駐車場が満車の場合は、近隣の駐車場をご利用ください。
駐車場の領収書をご提示いただければ、料金をお支払いいたします。

診療時間
9:30~ 13:00
15:00~ 19:45

9:00~15:00 ※土・日診療

休診日 木曜・祝日