奥歯のインプラント 吹田 千里山 駅前歯科

こんにちは。日本口腔インプラント学会 専修医・日本補綴歯科学会 専門医 中川です。 吹田市 阪急千里山駅 から駅前徒歩30秒。 小児・子供 矯正から大人の治療・入れ歯・インプラントまでご遠慮なくご相談ください。

多くの意見がインターネット上で囁かれてます。 では、奥歯のインプラントにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

万が一ぐらつきを感じても、すぐに歯科医師に相談することで対処してもらいます。

残っている歯を傷つけずに機能をほぼ復元できる

インプラント最大のメリットとして、残っている健康な歯を傷つけることなく歯の機能を取り返すことができるというものがあります。歯の機能を回復させる治療のひとつにブリッジがありますが、ブリッジの場合、それを入れ込む両端の健康な歯を削りブリッジをかける必要があります。

一概にブリッジの治療を受けた全員がそうなってしまったとは言えないものの、健康な歯を傷つけてしまうことは、口腔環境を整える上ではできるだけ控えたいものです。インプラントは周囲の歯を傷つけることがないため、リスクを最小限に抑えて歯の機能を回復することができるのです。

審美性はそれなりにあるものの、削ってしまった健康な歯は虫歯になりやすくなってしまい、結果的にそちらも抜かなければならなくなることもあるようです。

噛み合わせのバランスが取れる

インプラントでは治療時に噛み合わせのバランスを調整するため、噛み合わせが悪くなることはほとんどありません。定期メンテナンスをしっかりと受けていれば、噛み合わせが大きくずれてしまうということはほぼ避けられるでしょう。

実はこの状態は非常に危険で、最悪の場合噛み合う歯を破損させてしまう可能性があるのです。せっかく歯の機能を回復させたのに、その次になる歯を傷つけてしまっては意味がありません。

ブリッジや入れ歯の場合、ある程度固定されているとはいえ、ぐらつきを感じてしまうことがあります。また高さも自由に調整できないため、噛み合わせに違和感を覚えたまま使用している人もいると言われています。

食事を楽しめる

インプラントは顎の骨とインプラントが結合しているため、よほどのことがない限りずれるということが起きません。ブリッジや入れ歯と違って強い力をかけても破損するリスクも少なく、食事を存分に楽しむことができるでしょう。

審美性の話題と少し共通しますが、人前で口の中を見せないために、外食を控える人も少なくありません。またブリッジや入れ歯では、何かの拍子でそれらがずれてしまった時、痛さから物を噛むことができなくなってしまう人もいます。

また噛む力が付いていることで、それまであまり感じなかった素材の味や食感を楽しむこともできます。ブリッジや入れ歯でも感じられないわけではありませんが、インプラントと比較すれば少々物足りなさを感じるでしょう。

審美性に優れる

ブリッジや入れ歯を入れている人の中には、人前で歯を見せて笑えないという人がいます。原因は固定している金具やバネが相手に見えてしまうためです。確かにニコッと笑った口元から、金属部品のようなものが見えてしまうのは、正直恥ずかしいでしょう。

歯並びを美しく見せる効果もあるため、人前で口を開けて笑えない、食事ができない人はインプラント治療を検討してみる価値はあるでしょう。

インプラントの場合、金属部分はほとんど見えないようになっているため、審美性に優れ、人前で歯を見せて笑うことも恥ずかしくなくなります。審美性を高めるための素材を使用しているため、こだわりがなければ歯の色なども気にする必要はないでしょう。

入れ歯やブリッジとは違い痛みを感じにくい

入れ歯やブリッジは、ずれてしまったり歯茎と器具の間に何か挟まってしまった時に強い痛みを感じます。そもそも歯並びなどの関係であっていない場合も、痛みを感じることがあるでしょう。

それに対してインプラントは、器具と歯茎の間に隙間はなくずれることもないため痛みを感じにくいのが特徴です。例外として上部構造とインプラント体を結合しているアバットメントが緩んでいると痛みを感じることがありますが、歯科医院に相談すればすぐに調整できます。

入れ歯やブリッジで痛みを感じた場合、器具を作り直す必要が出てくることも考えられます。インプラントではその手間が省けるという意味で、非常に有利です。

インプラントは完璧に近い治療とされてますが、内容をしっかり理解してすすめることが非常のい重要です。