インプラントの治療技術 千里山 歯医者 

こんにちは。日本口腔インプラント学会 専修医・日本補綴歯科学会 専門医 中川です。 吹田市 阪急千里山駅 から駅前徒歩30秒。 小児・子供 矯正から大人の治療・入れ歯・インプラントまでご遠慮なくご相談ください。

歯科医師によって、インプラント治療の技術はかわるのでしょうか。
インプラント治療はどのような歯科医師が行うことができるのか?
まず、インプラント自体の埋入や手術(縫合等)は、どんな歯科医師でも歯科医師免許を持って入れば行うことができます。近年ではガイデッドサージェリーなどAIを駆使したデジタルナビゲーションシステムがありますので、ある程度のレベルの歯科医師ならばインプラント治療はできます。
しかし、インプラント手術の困った現状があります。
インプラント手術の困った現状として、数日間インプラント手術の講習を受けただけの歯科医師が手術を行なっているという恐ろしい現状があるということです。インプラントは高度な外科手術でありながら、法律上は歯科医師であれば誰でも行ってよいです。ですから縫合をしたことがない歯科医師や、技術面で経験がない歯科医師が、無謀な手術を行ってしまい不幸な事故を引き起こしてしまうことがしばしばみられます。1回インプラントメーカーの講習を受講し、受講証明書の紙を堂々と医院に掲示・ネットに受講した講習を大々的に広告するなどして患者様の信用を得ようとする先生方が多いように思います。これは本当に患者様にとっていいことなのでしょうか。 しっかりした、教育機関に所属・熟練のインプラント医やインプラント外科医に師事し、どんなインプラントトラブルがあっても対応できるかがその先生の実力なのではないでしょうか。
 また、デジタル技術でのガイデッドサージェリーも同様です。もし、基準の位置がずれていれば、経験の少ない先生は気づかず、大きな事故につながるでしょう。最新の技術ではインプラント上部構造設計やインプラント埋入計画までもAIに任せ、確認しない先生もおられるみたいです。万が一、デジタルでの設計がズレてもハンズフリーでインプラントポジションの軌道修正を行える技術・経験がたいせつです。

どの先生を信用するかは患者様次第です。 立地・費用も大切ですが、インプラント治療ではしっかりした基本のインフォームドコンセントが大切なのではないでしょうか。