千里山インプラントセンター 千里山駅前歯科

こんにちは。 

 インプラント専修医 補綴学会専門医 の中川です。 今回はインプラントの歯と自分の歯、天然歯についてお話しさせて戴きます。 インプラントの歯は今まで入れ歯だった方が、入れ歯から解放される唯一の方法といっても過誤ではありません。しっかりした基礎の上に歯が立ちますので、しっかり噛んでお食事をすること、楽しむことができます。しかし、弱点もあります。しっかりしているがあまり、噛みすぎてしまうのです。インプラントには圧を感じる機能がありません。このため加減を知らず噛んでしまうのです。これにより歯が壊れたり、インプラントにトラブルが起こることがあります。現在では、その対応作としてスクリューが緩んだり、折れたりすることで本体の損傷や破折を防ぐ構造になってます。そのためインプラントのネジには適切なトルクがきまってます。これはインプラントメーカーの高度な技術研究の賜物です。なので、安価なインプラントメーカーを使用すると、この機構が機能しませんのでトラブルにつながります。 

それでも、過度な力が働くと本体にトラブルが発生します。折れたりもします。そのため、日頃のナイトガードの使用がとても大切です。 

インプラントは素晴らしい発明です。しかし、人工物であることに変わりはありません。車と同様しっかりとしたメンテナンスが必要です。 

メンテナンスさえすれば、快適で楽しい食事を行うことができます。 長々と駄文を読んでくださりありがとうございました。  中川