インプラント セルフケア 千里山 歯医者 吹田

こんにちは。千里山駅前歯科 院長 中川敬史です。 吹田市 阪急千里山駅 から駅前徒歩30秒。 小児歯科・子供 矯正から大人の治療・入れ歯・インプラントまでご遠慮なくご相談ください 。

治療が終わってからが重要です。 インプラントは噛み合わせを快適にする非常に有効な治療です。しかし、人工物であることを忘れてはなりません。 したがって、セルフケアが大切です。

当院のコンセプトを下記に示します。

◆インプラントのセルフケアについて◆

 インプラント治療をした後のケアを怠ってしまうと、インプラントの周りの骨や歯茎が、歯周病になることがあります。このことをインプラント周囲炎といい、骨や歯茎が痩せていくことが考えられます。健康な歯とインプラントでは、支える歯茎の構造が違うため、炎症が起こると健康な歯よりも急速に悪化していく傾向にあります。 お口の中を清潔に保つことでインプラントを守りましょう。

Point1 歯ブラシについて

 インプラントの周囲の歯茎は普通の歯茎に比べ柔らかく傷つきやすくなっています。

そのためインプラント周囲には硬い歯ブラシの使用は避け、当院で指定した柔らかい歯ブラシをできるだけ使用してください。慣れないうちは難しいように感じるかもしれませんが、汚れのたまりやすい「歯と歯の間」や「インプラントと歯茎の境目」に注意してみがきましょう。

Point2 歯磨き粉について

 市販されている歯磨き粉には研磨剤・フッ素が含まれています。なかには粒子の大きい研磨剤・高濃度フッ素配合のものがあります。必ずとは言いませんが、インプラントに悪い影響を与えるものがありますので使用には注意してください。一般市販の歯磨き粉では問題ありません。

Point3 歯間ブラシについて

 歯ブラシで清掃しきれない部分は歯間ブラシを使用します。歯間ブラシはできるだけゴム製・ナイロンコーティングされたものとし、適切なサイズのものを使用してください。歯間に無理に押し込むと空隙ができ、ものが詰まりやすくなってしまいます。

Point4 デンタルフロスについて

 歯と歯の間・前歯や歯茎の弱い部分には、デンタルフロスを使用します。こちらも無理な挿入は

控えてください。

Point5 ナイトガードの使用について

 インプラント体には感圧機能がありません。過度な力のリスクを回避するために必ずナイトガードを使用してください。